生後すぐから読んであげられる!赤ちゃんへの絵本「あかあかくろくろ」

スポンサーリンク
ちぃ育児

先日、「もいもい」についての記事を書きました。

「もいもい」に対する息子の反応が良かったので、

絵本の追加購入をしました!!

やはり、こちらも息子の反応は良好。

良い視覚刺激を与えられているのだろうと思えたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

「あかあかくろくろ」はあかちゃんのための絵本

今回追加購入したのは、「あかあかくろくろ」です。


あかあかくろくろ (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本

本屋さんで、かわいい絵柄に惹かれてこちらを手に取りました。

こちらの絵本、いろいろなシリーズがありますが、猫ちゃんがかわいかったので。

そして、こちらの絵本は

この「あかあかくろくろ」の題名からもわかる様に、

色に秘密があるのです。

あかちゃんが認識しやすい色、「黒」「白」「赤」

生まれたばかりの赤ちゃんが認識できる色は、黒、白、グレーのモノクロのみだそうです。

そして生後1週間くらいからすこしずつ色の認識ができるようになり、

まず最初に認識できる色は赤色

この「あかあかくろくろ」は、

そんな生まれたばかりの赤ちゃんから読んであげられるものになっているのです。

あかちゃんの「見る」という感覚を刺激してあげることができますね。

うちの息子の反応

さっそくご機嫌なときによく見える位置に絵本を開き、見せてみます。

「もいもい」とはまた違って、

「赤」「黒」「白」をつかったかわいい絵がたくさんありました。

息子は、みたり、みなかったり(笑)

ただ、黒背景に白のゆきだるまのページは好きなようで、何度読んでもこのページは凝視していました。

ちぃ
ちぃ

やっぱりちゃんと「何かをみる」ということはできているんだ!

と感じることができました。

もう少し月齢が進んだら、また反応も違ってくるのかもしれません。

ネットの声

ネットでも反応を調べてみました。

などなど、反応ありな様子。

2歳くらいになっても大好きですという方もいらっしゃいました!

まとめ

息子の反応や、ネットの反応からも、

「あかあかくろくろ」は赤ちゃんが喜んでくれる本ですね。

こどもの発達のために、よい刺激をあたえてあげたいと思うのは、みなさん同じかと思います。

私も絵本で手応えを感じているので、またあたらしい本など購入しましたら

レビューします!


あかあかくろくろ (いっしょにあそぼ) [ 柏原晃夫 ]

コメント